フロンティアのPCは安い!なぜ安いのか理由を説明していこうと思う

フロンティアのPCは非常に安い。

BTOパソコンショップの中でも安いといわれている、マウス、ドスパラに次ぐ人気を誇っており、BTOを購入したいと考えている人であれば、だれもが考える選択肢だ。

もちろんその人気の秘密は安さだが、なぜフロンティアのPCは安いのか。

安い分どこかしらで性能が落ちてしまっているのではないか。

安い理由を説明していこうと思う。

フロンティアでPCを購入すべき4つのポイント

まず最初にフロンティアの魅力を記載していく。

なぜならフロンティアには安さ以外にも様々なメリットがあるからだ。

ポイント① 実際にBTOを見てから購入することができる

まず最初に挙げたいフロンティアの魅力は、実機を見てから購入することができることだ。

一般的にBTOパソコンは、注文を受けてから作り始める受注生産を行っている。

そのため、実際に作られたPCが店頭に並ぶことはあまりない。

BTOパソコンが安い理由は、こういった受注生産により在庫を持たずに販売することができるからだ。

しかしながら、フロンティアの場合は違う。

同じBTOパソコンショップでありながら、ヤマダ電機のグループ企業であるため、実店での販売も行っているのだ。

つまり全国展開しているヤマダ電機に行けば、フロンティアのBTOパソコンが実機で触れられるということ。

これは非常に大きいメリットだ。

実際に触ることにより、キーボードのストロークや体感速度、画面の濃淡などを事前に把握できるので、買い物の失敗リスクが極端に減る。

ポイント② 客へのサポートも申し分ない

フロンティアは顧客へのサポート体制も申し分ない。

前述したとおり、実店でPCを販売することにより店員から意見を貰うことができる。

また、修理依頼もヤマダ電機店舗で依頼することができるため、PCが壊れた時でも非常に安心だ。

問い合わせ方法もメール電話の2種類から行うことができ、何よりヤマダ電機傘下という面で非常に安心感がある。

口コミ等を見ても好印象なコメントが多くみられるのも特徴だ。

ポイント③ フロンティアのPCが安い理由、それはセールによる影響

「フロンティア 安すぎ」「フロンティア 安い 理由」等で検索されている人をちらほら見かけるが、このワードはなぜ出てきたのか。

一番の理由は、フロンティアが頻繁に開催しているセールによるものだと思われる。

フロンティアには、大きく分けて3つのセールが存在しており、季節ごとや週ごと、月ごとに入れ替わる。

いずれのセールもPCの価格が大幅に値下げさるか、値段変わらずメモリの増設やCPUのアップグレードが行われている。

また、すべて台数限定で販売されるため、価格を大幅に下げることができ、他BTOショップに比べても非常に安く購入することができる。

PayPayとも提携しているため、頻繁にお得なキャンペーンが開催されてたりと、まさに至れり尽くせりなのだ。

ポイント④ 厳選されたラインナップでわかりやすい

フロンティアのゲーミングPCは、デスクトップPCは合計9台。(ミニタワー・ミドルタワー・フルタワー

ノートパソコンは合計3台と、非常に少ない種類で展開している。

他のBTOショップとは比べ物にならないほど少ないラインナップだ。

これは初めてBTOショップで買い物を行う人にとっては、メリットであるといえる。

ラインナップは多ければ多いほど良いというものではなく、選択できる数に限りがあるからこそ、迷いなく自分に最適な商品を見つけられるのではないだろうか。

ちなみにフロンティアではゲーミングPCだけでなく、一般的な用途で使用するタワー型のパソコンも人気だ。

GHシリーズ・GAシリーズ・GXシリーズなども非常に人気であり、これらのシリーズがセールで安くなることが多い。

フロンティアのPCが安い理由一覧

ここからは、本題のフロンティアのPCはなぜ安いのか?という疑問に迫っていく。

ホワイトボックスを使用している

まず最初に価格が安い理由として挙げられるのが、ホワイトボックスの存在だ。

ホワイトボックスとは、ショップオリジナルのメーカー品や、海外のみで販売されている製品である。

フロンティアのPC内で使用されているマザボやSSD、HDDや電源部分、メモリ等は、ホワイトボックスを使用していることが多い。

ホワイトボックスは、品質に多少見劣りが見られるものの、価格をぐっと抑えることができる。

ただここで勘違いしてほしくないのは、フロンティアのPC品質が低いのではないかということだ。

確かにホワイトボックスを使用している部分は、品質の低下は否めない。

しかしフロンティアでは、重要な部分以外をホワイトボックスに変換し、全体の品質は極力落とさずギリギリまで値段をそぎ落としているのだ。

ヤマダ電機傘下による大量パーツ発注

フロンティアがヤマダ電機のグループ会社であることは前述したとおりだ。

これにより、サポート面の充実に加えてパーツの大量発注による販売代金の値下げも行うことができる。

一般的なBTOショップとは比べ物にならないパーツを発注することにより、パーツ価格を値下げすることができる。

これによってフロンティアのPCは値段が安いといわれているのだ。

フロンティアの懸念点

そんなフロンティアにも懸念点と呼ばれるものはある。

ざっくりとみていこう。

① フロンティアは納期が長い?

フロンティアのPCは納期が長めだといわれている。

一般的なBTOショップですと、長くても1週間程度で納品されるのですが、フロンティアの場合は最低でも1週間、長くて1ヶ月かかります。

② カスタマイズ性が低い

 

③ セールの台数が限定的

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です