フロンティアのBTOPCは壊れやすい?評判が悪いといわれている理由を解説していこうと思う

フロンティアはドスパラやマウスコンピューターと比べても、セール時のPC価格が非常に安い良心的なBTOショップだ。

ただ、その安さゆえに怪しむ人が続出。

フロンティアのBTOパソコンは壊れやすいだなんて噂も出てきている。

そんな壊れやすい噂に加えて、評判が悪いともいわれており、あまり良い印象が植え付けられない噂となっている。

さてこれらの噂は本当なのか。

今回は、

・フロンティアのBTOパソコンは壊れやすいといわれているが本当なのか?

 

・評判が悪いといわれているのはなぜか。

・フロンティアのPCの故障頻度、品質、初期不良等について。

上記に関して、詳しくみていこうと思う。

フロンティアのBTOは本当に壊れやすいのか?

フロンティアのBTOパソコンは壊れやすいのか?

これは結論から言うと、間違いであるといえるだろう。

実際に「楽天リサーチ」が2016年に行った、メーカー別パソコン故障率ランキングによると、フロンティアは9位に位置づいている。

NECや富士通等の国産製メーカーや、海外製メーカーであるHPやDELL、もちろんBTOショップのドスパラやマウスコンピューターもリサーチ対象となっているランキングだ。

BTOパソコンは、実際に組み立てて発送する工程から、納期の関係により点検がままならず、壊れやすいといわれている。

そんなBTOパソコンの中では、フロンティアは堂々の1位を獲得しており、むしろ壊れにくいといった印象を与えている。

ちなみにこの故障率ランキングでは、マウスが15位、ドスパラが16位、パソコン工房が17位と、フロンティアの9位は非常に良いものだと捉える事が出来るだろう。

具体的には、フロンティアのPCは購入から5年以内の故障率が17.39%となっており、1位のASUSは13.26%である。

15位であるマウスは21.59%なので、改めてフロンティアBTOパソコンの壊れにくさを表していると思う。

大手企業である楽天リサーチが、3万人を対象に行ったアンケートであるため、非常に信頼できるデータであろう。

詳細が知りたい方は、下記リンクより確認することができる。

出典:メーカー別パソコン故障率ランキング2016―利用者3万人に調査―

フロンティアのPCが壊れやすいといわれている理由

上記データの通り、フロンティアのPCは各BTOショップと比べても壊れにくいことが分かったと思う。

ではなぜフロンティアのPCは壊れやすいといわれているのか。

推測される理由をざっくりと記載していく。

フロンティアの初期不良に関して

フロンティアのBTOパソコンが壊れやすいといわれている理由の一つとして、初期不良の問題が挙げられる。

実際に初期不良自体は少ないのだが、yahoo知恵袋やSNS等でフロンティアPCを購入した人が初期不良を起こした旨を質問、記載することにより、google検索結果に反映される。

やはり噂はネガティブなものの方が広がりやすい。

人間はマイナス要素を回避する傾向にあるため、こういった壊れやすいといわれている内容にアクセスが集中。

実際とは異なる事実が広まったと思われる。

これはフロンティアに限らず、どのショップにも起きている現象である。

フロンティアのPCは壊れにくいと発信している人も多いのだが、やはりどうしても壊れやすいといった意見に人は反応してしまう。

フロンティアのPCは非常に安いため

フロンティアのPCは各BTOショップと比べても値段が安い。

特にセール時の値引きが尋常ではなく、ハイスペックモデルを安く手に入れたい方にとっては最適なショップだ。

ただ、この安さが逆に壊れやすいのではないかといった噂を助長してしまっているのではないかと考えている。

一般的に人は、安いものに対して警戒する傾向がある。

「安かろう悪かろう」の言葉が生まれるくらいであり、安い=品質が劣ると捉えても無理はない。

実際はそんなことないのだが、フロンティアのPCが安いことにより、ネガティブな噂が広まっている可能性も無きにしも非ずだ。

フロンティアの安さの秘密に関して知りたい方は、下記記事を参考にしてほしい。

フロンティアのPCは安い!なぜ安いのか理由を説明していこうと思う

ホワイトパーツを使用しているため

上記記事にも詳細は記載したが、フロンティアはホワイトパーツと言われる海外製のパーツを使用している。

これらのパーツが品質を落とし、壊れやすい要因になっているのではないか?と考える人も多くいるだろう。

実際にホワイトパーツは、国内製のパーツよりも品質が落ちるといわれているが、フロンティアでは重要パーツはすべて高品質な国産部品を使用している。

締めるところは締め、緩めるところは緩める。

効率の良い部品の利用を行っているため、ホワイトパーツが原因で壊れやすいなんてことはないだろう。

フロンティアBTOは壊れやすいのか不安に思っている人へ

実際に上記でフロンティアのBTOはむしろ壊れにくいといったデータ、内容を説明してきた。

しかしながらそれでも不安に思っている人はいるだろう。

1年間センドバック保証、オプション保証メニュー

フロンティアのPCには、購入時に無条件で1年間センドバック保証が付く。

購入から1年間は無償で修理サービスを提供してくれるといった内容であり、追加費用が掛かることもない。

これにより初期不良等は問題なく回避することができる。

また、1年間では不安な方に、オプション保障メニューである3年間センドバック保証をおすすめする。

想像通り、3年間修理サービスを何度でも受けられる。

サポートの充実、リペアセンターの存在

フロンティアのサポート体制は非常に充実している。

フロンティアでは一般的な店舗のほかに、リペアセンターといった工場を構えている。

これは修理専用の施設であり、万が一の不良品に対して即対処できるようになっている。

そのため、もし壊れたとしても修理から返送までの期間が速いのも特徴だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です